Menu

『Step by Step』 vol.32 朗読原稿

by
0

同じ姿勢で座り続けていたせいか、体が重かった。 時計を見れば、丁度昼寝には絶好の時間。 勿論そんな余裕はないのだが、道理で体が休養を欲している筈だ、と納得する。 大きく伸びをすれば肘の関節が小さく鳴って、苦笑が漏れた。 […]

Read More

『臥所より仰ぎ見ゆ天上の月』 vol.31 朗読原稿

by
0

幼少の砌より病がちで、事ある毎に臥せっていた。 伏して熱にうなされ、熱にうなされながらも夜半過ぎに目が覚める。 覚めたその視線の先には、夢か幻かは良くはわからないのだけれど。 間違いなく人に在らざる者が見えていた。 わた […]

Read More

『友人』 vol.30 朗読原稿

by
0

「久しぶりだね」 俺はグラスを棚から取り出しながら彼女に言った。 「えぇ」 彼女は微笑みながらソファに座ってくつろぐ。 「何年ぶりだろうな」 「そうねぇ、何年ぶりくらいかなぁ」 「缶ビールしかねぇな……」 「うん、いいよ […]

Read More

『自由な犬』 vol.29 朗読原稿

by
0

今夜もアリスは、ベッドの上でバクさんにお話をせがんでいます。 バクさんというのは、アリスの体ほどもある大きなぬいぐるみの名前です。 本当はオオアリクイのぬいぐるみなのですがアリスもバクさんもあまり気にしていません。 アリ […]

Read More

『Ravenskill』 vol.28 朗読原稿

by
0

男 「やーれやれ、ようやく終わったかな?」 女 「あぁ……」 男 「とりあえず、生き延びたな。お互いに」 女 「辛うじて、ね」 男 「お互いボロボロだよなぁ」 女 「そうだな……この国も随分と荒れてしまった」 男 「そう […]

Read More

『夢を呼ぶ声』 vol.27 朗読原稿

by
0

今夜もアリスは、ベッドの上でバクさんにお話をせがんでいます。 バクさんというのは、アリスの体ほどもある大きなぬいぐるみの名前です。 本当はオオアリクイのぬいぐるみなのですが、アリスもバクさんもあまり気にしていません。 ア […]

Read More