Menu

『森の掟』 vol.37 朗読原稿

by
2

今夜もアリスは、ベッドの上でバクさんにお話をせがんでいます。 バクさんというのは、アリスの体ほどもある大きなぬいぐるみの名前です。 本当はオオアリクイのぬいぐるみなのですがアリスもバクさんもあまり気にしていません。 アリ […]

Read More

『引っ越し』 vol.36 朗読原稿

by
3

明日は引っ越しだ。 愛ちゃんは泣いている。 遠い所に行きたくないんだね。 お友達と別れたくないんだね。 今日も愛ちゃんは僕を散歩に連れて行ってくれた。 けど、いつも散歩している土手で夕焼けを見ながら愛ちゃんは立ち止まって […]

Read More

『風の向こうに』 vol.34 朗読原稿

by
0

今夜もアリスは、ベッドの上でバクさんにお話をせがんでいます。 バクさんというのは、アリスの体ほどもある大きなぬいぐるみの名前です。 本当はオオアリクイのぬいぐるみなのですがアリスもバクさんもあまり気にしていません。 アリ […]

Read More

『孤独な白昼夢』 vol.33 朗読原稿

by
3

赤は嫌いだった。 私を置いて逝ったあの人の身体を覆っていた、その色の意味を知っているから。 黒は嫌いだった。 私の心をじわりじわりと支配していく、何処までも続く闇に似た、孤独な色だから。 だから。 だから、白い花を摘んで […]

Read More

『Step by Step』 vol.32 朗読原稿

by
0

同じ姿勢で座り続けていたせいか、体が重かった。 時計を見れば、丁度昼寝には絶好の時間。 勿論そんな余裕はないのだが、道理で体が休養を欲している筈だ、と納得する。 大きく伸びをすれば肘の関節が小さく鳴って、苦笑が漏れた。 […]

Read More

『臥所より仰ぎ見ゆ天上の月』 vol.31 朗読原稿

by
0

幼少の砌より病がちで、事ある毎に臥せっていた。 伏して熱にうなされ、熱にうなされながらも夜半過ぎに目が覚める。 覚めたその視線の先には、夢か幻かは良くはわからないのだけれど。 間違いなく人に在らざる者が見えていた。 わた […]

Read More